玄関収納棚 (下駄箱) 樺材

来店予約・お見積り

玄関収納棚(下駄箱)  W900 D350 H1500 樺材  踏み台  W800 D400 H150 参考価格 2点セット22万

玄関のオープンスペースに普段使っている靴やスリッパ。
鍵や印鑑などを収納できる棚を作ってほしいとご相談をいただきました。

現在は白のスチール製のオープン棚をおいておりましたが
丸見えだったり、収納量が少なったりがネックで
またお客様を迎えるところだけに
もうすこしすっきりさせて、且つディスプレイ台の役目も兼ね備えたものが
希望でした。

まず材は、テラコッタ風のタイルが赤茶っぽいので
はじめはチェリー材がいいかなという案もありましたが高さも出ますので
奥の廊下に合わせた色と質感で
カバ材にすることにしました。
そのかわり、引出や扉につけます取手をチェリー色にして
調和を保つようにしました。

下台は靴やスリッパが収まるギリギリの奥行にし
上台は、下台と同じ奥行だと圧迫感もでますので
その半分くらいに考えました。

いくつか収納棚と踏み台のパターンをイメージ画でご提案。
台輪にするか、4本足にするか2本脚にするか
上置きは吊棚にするか連結タイプにするかなど。

色々打ち合わせをした結果
収納棚は脚を4本足にして床が広くみえるように
その脚の高さに揃えて踏み台の高さも合わせます。

下台は2枚扉ですが
ここで左側は主に靴をいれますが
右はスリッパを入れることになるので
右の扉は家の廊下寄りから出し入れできるように
右開きにました。
ついている取っ手はダミーになっていてプッシュで開きます。

スリッパの収納する右扉は
廊下側から開くように
プッシュ式にしました。

上の小引出には3人家族といいことで3分割にし
それぞれお持ちの鍵などを収納できるようにしています。

設置するとき
圧迫感がどうか心配もありましたが
全く問題なく、また扉や引出の高さや開閉も
イメージ通りととても喜んでくださいました。

来店予約・お見積り