桜を見に銀座の画廊に行ってきました。(水上 玲 展)

ぽかぽか陽気に誘われて、先日桜を見に行ってきました。
といいましても、まだ本物の桜は開花宣言されたばかりなので
今回は、画廊に満開の桜を見てきました。

自粛ムードで銀座も人通りも少なく、ちょっと寂しい感じでしたが
その分、こんな時だからゆったりも出来ます。

お店の近くで、公私ともにお世話にあっております水上さんの
水墨と日本画の作品展を今週の土曜日まで銀座の画廊宮坂で行っています。

今も一線で活躍しております水墨画家の馬きょう氏を師事、また日本画も学びながら
独自の表現を描き続けております。

水上 玲さん プロ―フィール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社でも何度か作品を展示させていただきました。

水上さんの作品は、色々な技法と取り入れ
絵柄も数多くありますが、その中でも桜の画は
本当に圧倒されます。

よくあの華奢な感じの雰囲気から
あのダイナミックな画が描けるのかと思ってしまうほどなんです。

今回も昨年末から描いていました30号サイズの桜の画を中心に見てきました。
力強い枝ぷりで木の生命力がズンときます。
そこに散りばめらた桜の花がほんと、ビックリするくらい立体的に見えるんです。
ついつい傍に行ってみてしまいますが
平面なんですよね。
それだけ遠近感といいますか、深さを感じるところがあります。

おかげさまで、それぞれの画をみて
エネルギーをもらった感じがします。

もしお時間がございましたら
電車も空いていますし、車の方はパーキングも空いていますので、脚を運んでみていただければと思います!

ちなみに毎年定期的に、ここ銀座の画廊宮坂で展示会を行っており
そのつながりで、ちょこっと休憩できる小ぶりなスツールを宮坂画廊さんにご注文いただき置いてあるんですよ。

3月21日土曜日まで
11:00~18:00 (最終日のみ17:00)
中央区銀座7-12-5 銀星ビル4階

水上さんの迫力と繊細さのある絵画がずらりと。
壁際の丸スツールは
納品したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です