久しぶりの晴れ間にウッドデッキ塗装で気分転換。こだわりの仕上げに

先週からお客様のお庭のウッドデッキ張りをしておりますが
ここ最近はあまり天気がおもわしくないんですよね
貼ったり休んだりを繰り返して先日無事張り終えました
今回のウッドデッキ材は
ウッドデッキ材の王様と言っても過言ではない
ウリン材。
耐久年数 50年以上と
もうなにもメンテナンスしなくても
張った状況を維持してしまう素晴らしい材です
が 当然 目もつまってとても固い木です。
大工さんたちも カットもネジ留めも一苦労なので
ヒーヒー言いながら?加工をしてくれました
そのかわり 張ったときの表情と風合いはウリンならではで
さすがと言った感じです
このまま使っていても経年でデッキ材特有のシルバーグレーに変色していきます
それもそれで味であり良いのですが
今回は 今の素材感を極力楽しもうということで
耐久性をさらに高める
保護塗装をすることにしました
塗料は2種使います
まずは弊社の家具にも使用しています
自然塗料 リボス社の外用オイル デュブノです
木の繊維の中に染み込み
水を寄せ付けない効果 また滑面を持続します
さらにその上に塗装します塗膜用オイルのムラを抑える効果もあります
そのデュブノを塗りそのあとタヤエクステリアを塗ることにします。
昨日の土曜日は久しぶりに晴れ間が見え
下塗のデュブノを塗りました
リボスのオイルは亜麻仁油が主でとてもあまり香りがして
とても心地よいんですよね
塗り始めるとさすがに 油分も多いのか
塗りやすいですね
みるみる 色がかわってくるのがわかりますね。
時折 そよ風も吹き
気持ち良い中で 塗装ができました
私も欲しいなあ こんなウッドデッキコーナー・・・。
いつか夢見て 頑張ろう!
そう思いながら 良い感じで塗り終わりました
次回また 天気の良い日に
仕上げの塗料を塗りたいと思います。
IMG_3380.jpg
IMG_3382.jpg
IMG_3386.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です