新生活のお役に立てたらと。端材をアレンジして、小物製作。


 

シンプルで手頃なテイストの家具として使用するパインの集成材や
リフォームなどで使うランバー材やベニヤ合板が、多少、端材として出たりします。

家具としては利用は難しいにしても
小物くらいで使えそうなボリュームだったりすると
何かアレンジして利用したいなあと思っているのですが
なかなか時間も取れず、急用でもないとついつい先延ばしになってしまうんですよね。

 

そんな時に、地方に住んでいる友人のお子様が
都内の学校に合格して、こちらで新生活を始めるとのこと。
それなら、何か木の小物を差し上げて利用してもらえるかな。
また初めて一人暮らしの生活だと緊張もある気がするので
木があると少し癒しにもなるかなと思い、このタイミングで作ってみることにしました。

先ほど出ましたパインの集成材は
そのままカットして組むだけでも、表面は全体綺麗に仕上がるので
今回L型に組んでデスク上の本立てに。
そのままでも良かったのですが、オンリーワン感も出したかったので(笑)
お子様のイニシャルをチェリーの木を埋めて表現してみました。

 

 

 

 

 

 

 

次にシナランバー材を使ってチャレンジ、表面はうっすら杢目が出て綺麗ですが
カット面は、中の心材が見えてしまいます。
普段は、同じシナのテープを張ったりしますが
今回は、ホームセンターで見つけました
1mmほどの丸い断面の紙を何色もつないでテープ状にしたものを
そこに張ってみることにしました。

カラフルな紙をつないでできたテープ

 

 

 

 

 

 

 

ミニ植物を飾ったりできる違い棚を組みたて。
心材が前後に見えてしまうので、そこにそれぞれ色違いのテープを張り、
向きをかえると違い棚のパターンもですが、色も変わるようにしてみました。

最後にベニヤ合板。これもシナ材と同じく色つき紙テープを張ることに。
単純に四角く囲んで下に板をつけ、箱にしただけの小物入れですが
底板と上の口にカラフルなテープがつくと雰囲気が出ます。
軽く水性ペンキで塗装してテープの色に合わせ落ち着いた感じにしました。
テープはもともと2cmくらいの幅ですが
合板は12mmほどの幅なので、テープを裂いてその幅にして今回はボンドでつけています。

初めてチャレンジしてみましたが
なかなか、味のある小物になったかなと思いました。

その後、友人とお子様にお会いし
お渡ししましたら、早速、本立てなどを使っている写真をいただきました。
少しでもお役にたてるとやっぱり嬉しいものですね。

無駄なく木材が使えて、喜んでいただけるなら
また機会をみつけて色々作ってみたいと思います。

お店に置いてみようかなあ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です