木製鯉のぼり 急きょ作ってみました。

先日、お得意様の会社のエントランスに
下駄箱や来客用のベンチなどを作らせていただきました。
そこに季節ごとに木製の小物を飾れたたらとご相談をいただきまして
今の時期ですと端午の節句で鯉のぼりなどがいいかもしれないですね。と
そんな話になりました。

弊社もいくつか木製の小物を仕入れています旭川の工房で
鯉のぼりの品があったので、それをご案内していたのですが
確認が遅かったのもあり品切れに。
それで、加工場にある端材でできないかと同じ厚みの板を
探していたところ、なんとか完成形のイメージがついたので急きょ作ってみることに。

お父さん、お母さん、子供の鯉のぼりを
それぞれウォールナット・チェリー・くるみにし
口のまわりを出来たらメイプルあたりでしたかったのですが
材料が足りずナラ材にして合わせてみました。
目は黒檀みたいな材があったらいうことないですが
今回は、市販のアガチスの丸棒をドリルで貫通させた後、埋めて少し色をつけてみました。

それとなく、どうしてもこだわりたかったのが
少しでもそよぐ雰囲気を出したくて
固定じゃない感じが出来ないかと口にヒートンをつけて受けの丸棒に通し
こいのぼりがそれぞれスイングするようにして位置をずらすせるようにしてみました。
これで少し動きが出たのは良かったです。

ここまで来ると柱の上の風車も回転をさせたいところでしたが
お渡ししたい日にちから時間もなく
お店のオープン前と閉店後の半日だけでしたので
今回は雰囲気だけでもと固定ですがそれとなくつけてみました。

それでも、素朴でなかなか雰囲気のあるものが出来たかなと
思っています。笑

今回お試しに2個作ってみまして
お客様にはついでに簡単な兜も添えてみました。

短期間でしたが
結構楽しい時間でしたので、ワークショップみたいな感じで
お子さんたちと作ってみてもいいなあと思いました。

来年企画してみようかなあ。

また季節ものチャレンジしてみましたら
ご紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です