行木 一隆  陶芸展 12日まで銀座で開催しています。

土、そのものがもつ自然の温かみに、行木さんの手により独特の形や色が加わった陶器たちは
より一層温かみを感じます。

私もファンの一人で、お店にも作品を展示してます
行木一隆さんの陶器。

毎年恒例になっています銀座のギャラリーの陶芸展に行ってきました。

場所は銀座の歌舞伎座のすぐ横の道にあります
ギャラリー江さんで今年は2月6日~12日まで開催しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入りますと
スタッフとともに、いつものように優しそうな雰囲気の行木さんが迎えてくれました。

今回はいつも以上に豊富に、また個性的な作品が多くみられ
特に力を入れているように感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中で、目を引いたのは
櫛目の模様の陶器。光のあたり具合で櫛目が反射して
とても綺麗であり、繊細な感じが伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またタイトルで
OZABUとついた作品は
まさに座布団を連想させる形であり
中に綿でも詰まっているような膨らみと丸みが
思わず手に取ってしまうと同時に、形と模様を見てるだけでも癒されてきます。

 

 

 

 

 

 

その他 銅を入れて焼くことで
浮かび上がる赤茶の色の入った陶器や
手にすっぽり収まりまそうな可愛らしい急須、筒状で傾きのある花瓶などなど
ほんとに惹かれるものばかり。

ほんと良いです!!!

なかなか、ここまで一気に作品を見ることはできませんので
ぜひぜひ足を運んでくださいませ。

そこで販売もしております。
どれも良心的な価格で提供しております。

よろしくお願いいたします。

もし都合がつかない方は
お店にも展示がございますのでご来店くださいませ。

行木 一隆 陶芸展
2月6日~12日火曜日まで
11時~20時 最終日は17時まで

場所 ギャラリー江
〒104-0061 東京都 中央区銀座4丁目13番15号 成和銀座ビル2F 歌舞伎座右入る
TEL  03-3543-0525

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です