下駄箱扉交換 折れ戸→引き戸(鏡張り)

来店予約・お見積り

下駄箱 引き戸 全面鏡張り仕様  W1700 H2230  目黒区 M様   参考工事価格25万

M様とM様のご両親様には、家具製作だけにとどまらず
建具の調整や家具修理、コート掛け取り付けなどと
ご依頼をいろいろといただいております
今回は玄関に大き目の鏡が欲しいということ
また下駄箱が現在折れ戸の扉ですが その開き具合などで使いづらいということで
これをなんとかしたいとご相談いただきました。

折れ戸だと靴がとりずらいようで、これを引き戸にして
そこに鏡を張ってみるようにしてはとなり
イメージ画などで、色々ご提案をしてみました。

ここは内部のスペースを確保するため
扉が枠の外側につく方式になっています。
それもあり 引き戸ですと
下にレールがつけれない状況でしたので
吊レール型になります。

ミラーは、はじめ引き戸の一部にという方向でいましたが
全面張りにすると、靴を履く前と後の位置からでもミラーを見れて
また、すっきりしそうですねと変更することに。
ただ、ミラーが全面ということで触れる可能性が高くなりますので
万が一でも割れる恐れのないよう
通常の鏡でなく、割れる心配のないアルミミラーにしています
重さの面でも通常より軽く済むので安心です。

細かいところですが
引き戸の厚み側部分は 玄関扉や
ミラーと馴染むよう 白でなく黒塗装に

左の戸は取ってなしで、側に手をかけて開け
閉じるときは 裏に手がけをつけて 
ソフトクロージング仕様で閉まるように。
右の戸は、左の側面に黒のアイアン取っ手をつけ
そこに手を掛けて開け、閉じる時は
その部分を押して閉じるようにします。
そちらの戸は ブレーキ付の金具を使いました。

床の大理石部分にも吊戸がぶれない
ブレ止めの金具をつけるようになりますが
小さいコマ材をつくり、そこに金具をつけて
大理石床に穴をあけないで強力両面テープではっています。
ここでも 見える面にあわせ 黒と白で色わけしました。

いろいろ案をねって、やりとりした事もあり
設置後はイメージどおり綺麗にできましたね。と
またプラスで広がりを感じるようになったと
とても喜んでくださいました

今回はM様にも取り付け作業にご協力いただき
大変作業も楽しくできました。

側面は黒ぬり、取っ手も黒のアイアンに。

引き戸のブレ止め材も向きで色もあわせ、目立ちずらくしています

来店予約・お見積り