施工事例

 

テーブルの再塗装のお手伝い。あっという間に新品のように
2014年2月24日

なかなか暖かくならないですね。
春が待ち遠しい今日この頃ですね。

弊社ではオイル仕上げのテーブルを購入していただきましたお客様に
1年後くらいにお伺いして再塗装をするサービスをしております。

普段使っていますと通常ならお届けしてから1年くらいしますと
天板に艶もなくなりところどころシミなどがついて気になるころかなあという時期です。

お届け時に簡単なオイルの塗装キッドをお渡ししておりますが
なかなかお使いいただいていないのが現状です。

それもございまして
こんな感じになりますと御覧いただくためにもお伺いして
実際お使いのテーブルを塗装しなおしします。

先日1年くらいしましたお客様のところへ伺ってきました。
艶もなくなりやはりところどころシミがついておりました。

とはいえなんでしょう。
天然木の癒し感といいますか
これはこれでしっくりといいますか
馴染んでいて嫌な印象を与えないんですよね。
だからこのまま使い続けている方も多いんじゃないかなあと思います。

それでも今回は仕上げた時と同じようにワックスを兼ね備えたリボス社のオイルを塗ってみました。

表面にはオイルをはじめうっすら膜がある状態ですので
それを紙やすりで研磨します。
最終的には240番か400番あたりに表面をしあげますが
それで削っていますと膜がすぐにペーパーにつまり
なかなか取れないので今回は180番から
研磨しました。

 はじめ傷のように白く線がはいりますので
お客様もだいたいびっくりされますが、これくらいからしないと
余計な膜がとれないんですよね。
だんだん擦っていますと膜を削っている感じでなく
木の表面に触れていいる感じになります。
そうなりましたら徐々にペーパーの番線をあげていきます。

はじめにあった白い線もなくなり
ぼけた感じの表面になります。
そこからはまた蘇るかんじが楽しいオイル塗りです。

塗っていくところからみるみる杢目がはっきりして
綺麗な色に変わっていきます。

お客様も わー 届いた時と同じになったあと
はじめ不安そうん見ていた表情が笑顔に戻ります。

実際の変化を知っていただけると
今後 自分たちで行うときにテーブルをより
身近に感じていただけるんですよね。

だいたいこの作業をして1時間ちょっとです。

オイル仕上げのテーブルは
このように短時間でガラッと綺麗にできてしまうのが
また魅力ですよね。

<

綺麗に仕上がりました。

ギャラリー

更新日 タイトル
2022年8月9日 ヴィンテージチェア 張替え 緩み補強
2022年7月22日 洗面台(一枚板カウンター&間仕切り収納棚)
2022年6月23日 タモ 一枚板天板 テレビボード
2022年6月12日 室内リフォーム  間仕切り壁&扉取り付け
2022年5月28日 ブラックウォールナット一枚板テーブル&チェア
2022年5月19日 モミ一枚板テーブル
2022年5月1日 多目的書棚 ナラ材
2022年4月23日 キッチン背面カウンター(タイル天板) 上置き チェリー材
2022年4月10日 壁面デスク(水目桜・一枚板天板&タモ材・格子面ボード)&回転チェア・スツール
1 2 62

丁寧にご対応させていただきます
ご気軽にお問い合わせください