施工事例

 

階段手すり塗り替えしました
2018年12月7日

お客様の会社のエントランスを
綺麗にしたいと下駄箱などの製作依頼をいただきました。

それにあわせ直ぐ傍にある階段の手すりがだいぶ劣化した感じ
ここもできたら、今度出来上がる下駄箱が濃い色なので
それに合わせて綺麗にしたいとご相談いただきました。

塗装前

研磨途中

塗装後

 

 

 

ウレタン塗膜かかっている状態だったので
その上からは色が乗らないので
一度剥がすことに。

上面と横と少し下の裏が見えますので
どうやって研磨しようかと、もっているベルトサンダーや
ランダムオービットサンダー、グラインダーから手持ちロールペーバーなど
とりあえず適合適所にといろいろ持って行って、せっせと研磨作業を行いました。

角度によりウレタンの塗膜があると反射するので
膜が除去されているか確認しながら1階から3階まで一度古い塗膜を落としました。

古いウレタン塗膜の反射しますので、その具合を見ながら研磨しました。

やはり木粉が舞うので研磨後は髪について
だいぶ白髪のようになってました。笑

研磨が終わると次は、塗装です。
今回オイル系の塗料で仕上げます。
希望の色の染料をまぜて塗装をするオイル塗料ですが
通常の配合で塗ってしまうと、一般的なオイル塗料も同じくで
拭き取ったあと、板目柾目や木の質の違いで色むらが出やすく
薄くなってしまいます。

それで、今回は染料の濃いものを作って
先にそれを塗り木部への浸透を高めて
色むらを抑えました。

そのあと無色のオイルを上塗りして
色落ちや汚れ防止にしております。

落ち着いた色合いになって
お客様も喜んでくださいました。

汗だくになりながらの作業でしたが
綺麗になってよかったですね!

このあとクロスや天然シートを壁に張ったり
下駄箱の搬入があります。

またご紹介させていただきます。

一度上の塗膜を綺麗に落としました

ウォールナット色のオイルで綺麗に仕上がりました

ギャラリー

更新日 タイトル
2021年3月7日 キッチン前カウンター カバ材
2021年2月21日 ケヤキ一枚板デスク スチール脚 
2021年2月9日 座椅子 アメリカンチェリー材
2021年1月23日 収納対応ベンチボックス  壁面板張り
2021年1月3日 省スペース デスクコーナー 一枚板天板+オープン吊り棚
2020年12月30日 高床式テーブル下 簡易床暖
2020年12月20日 くるみ一枚板テーブル&アームチェア(ブラックウォールナット材)
2020年12月19日 ウッドブラインド  高遮光仕様 
2020年12月19日 テーブル天板 脚 固定材 製作
1 2 59

丁寧にご対応させていただきます
ご気軽にお問い合わせください