施工事例

 

各こたつテーブル(チェリー材堀炬燵・ウォールナットローテーブル・ナラ材ロー&ハイテーブル)
2020年10月6日

心も体も温まる炬燵。その炬燵の天板などに天然木を使用して製作したものや お使いの器具を付け替えて製作したものなど各パターンでご紹介させていただきます

①既存の堀炬燵の器具は流用し、天板と脚を新たに製作したパターン アメリカンチェリー材  W1450 D850 H360  山梨県 O様

家を建てた時に製作したメーカーの堀炬燵、天板が痛んできたのもあり テーブルと脚を作り替え 電熱器具などを付け替えて製作しました ライト系の家具が多いことからそれに馴染む色合いで 雰囲気がでるものということで アメリカンチェリー材の耳付き天板にしてみました メイン天板の下で器具をつけます受け天板は価格面もふまえ パインの集成材をチェリー色にしてみました 以前より少し天板高さをあげたのもありますが、幕板がなくなった分 だいぶゆったり出入りすることができるようになりました またメイン天板は下板より一回り大きくサイズをすることで 以前よりも広いスペースを確保することができました

イメージどおりの雰囲気になったととてもご満足いただけました

②テーブルタイプの炬燵の器具をつけかえて ナラ材の別サイズの炬燵テーブルにしたパターン
ナラ材 突板テーブル W1100 D700 H700
今までお使いのこたつテーブルのサイズがすこし小さいということで
器具を付け替えて ワンサイズ大き目のテーブルにしました
天板は軽めがご希望でしたので今回は突板仕様にしております
脚もすっきり目の丸ペーパー型にしてみました
やはり以前より足がくみやすく出入りがしやすくなったとおっしゃってくださいました

③既存のダイニングテーブルの天板を使用し 
 脚と受け天板と器具を用意してロータイプの炬燵テーブルに。
φ900 H390 ナラ材  日野市 N様
丸天板の裏に台座がありそこに丸脚をつけてダイニングテーブルで使用しておりましたが、その天板を利用して低めの炬燵テーブルとして使いたいとご相談をいただきました
ダイニング用の脚は残しておきたいとのことで新たに脚を用意いたしました
今回は天板の裏に台座がついてしまっていたのえ
器具をつけます受け天板はその台座をかわしてのせることのできる形状にしております。 価格を抑えることもふまえあえて丸型の受け板にせず多角面の形状にしています。脚のネジは ダイニングの脚の規格を調べてそろえることで
天板に直接つけることも可能にしております
炬燵テーブル ロー&ハイテーブルと3段階の使い方ができるようになりました

④ すべて新規でロータイプの炬燵テーブルを製作するパターン
 ブラックウォールナット材 W1500×D800 H380 世田谷区 W邸

和室に炬燵対応のローテブルということで
ブラックウォールナット材のテーブルを製作しました
今回は天板はストレート形状が希望とのことで
メイン天板と受け天板のサイズを揃え布団を挟まないときでも
埋め込み反り止めにより厚すぎをおさえ
すっきりした印象を維持しております


(ウォールナットの無垢材の深みが印象的なこたつテーブル)

皆様 いろいろありがとうございました
居心地のよいこたつライフをお過ごしくださいませ

ギャラリー

更新日 タイトル
2021年3月19日 ケヤキ一枚板座卓 再塗装(割れ契り埋め加工)
2021年3月7日 キッチン前カウンター カバ材
2021年2月21日 ケヤキ一枚板デスク スチール脚 
2021年2月9日 座椅子 アメリカンチェリー材
2021年1月23日 収納対応ベンチボックス  壁面板張り
2021年1月3日 省スペース デスクコーナー 一枚板天板+オープン吊り棚
2020年12月30日 高床式テーブル下 簡易床暖
2020年12月20日 くるみ一枚板テーブル&アームチェア(ブラックウォールナット材)
2020年12月19日 ウッドブラインド  高遮光仕様 
1 2 59

丁寧にご対応させていただきます
ご気軽にお問い合わせください